ふたなりメカクレ娘が尿道、オナホ、アナル、金玉を執拗に責められ延々と射精し快楽によじれる!!「ふたなり目隠れ娘を触手責め」

【告知】ふたなりCGを販売します! サンプル

キャプション

『ふたなり目隠れ娘を触手責め』
BOOTH : https://aruty123.booth.pm/items/26712

お久しぶりです。
CG”集”にしたいところでしたが、色々あって基本1枚差分30枚の1セットだけ販売することにしました。
製品版もモザイクではなく黒短冊による修正となります(予告なくモザイクに変更になる可能性があります)。

前にPixivにあげた作品で登場させた目隠れキャラ(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=42255802 , http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=42205625)が触手で責められるシチュです(オナホ触手、アナル、玉責め、尿道)。

基本CGは1枚で、ストーリー差分含めて31枚、
テキストなし差分を含めて合計62枚となっております。

詳しい説明はBOOTHのページでご覧くださいm(_ _)m

基本CG6枚くらいのふたなりCG集も頑張って作りたいと思います。

アルティーとの約束を果たすために無理やり作り上げた作品

「ふたなりアナル射精」と「ふたなりオナホ扱き」に出てきたメカクレロリしほちゃんが出てくるCG。
一作品しか入っていないので「CG集」ではなく「CG」。。

アルティーとの「同人CGを販売するんすよ!」という約束を果たすために無理やり作り上げた。
8月の暑い時期に朝からFC2ライブで放送しながら制作していたのを思い出す。

差分31枚という多さで、SAIのレイヤー上限256を何回もオーバーして、作業ファイルを5つに分けて作った。
SAIにはデータセット機能もないし、ミスを修正すると一から手動で差分を出力しないといけなくて大変すぎた。

ちんぽ、アナル、金玉、尿道の4点責めで、内容はかなりエロいと思う

サンプルでも描写されているが、ちんぽ、金玉、アナル、尿道を触手が4点責めする様はかなりエロい。

尿道責め+アナル責め

オナホ責め+アナル責め+金玉責め(根本を掴む)

オナホ+尿道責め+アナル責め

オナホ責め+尿道責め+アナル責め+金玉責め(根本を掴む)

という流れ。

今自分で見ても抜けるくらいエロいとは思う。
レイヤーの上下関係の管理とか本当に大変だったが作った甲斐があったと思う。
これ、メカクレキャラじゃなかったら目の差分も作らないといけなくて頓挫していたと思う。

「ふたなりアナル射精」同様、今思うとアナルの位置が下すぎると思うのだが、もうそこは目をつむってもらうしか無いだろう。
あとこれも前にも書いたが、ちんぽの根本の「生えてる感」「植わってる感」が微妙だ。

そもそも「ふたなりアナル射精」同様、デッサンが狂ってるというか、ポーズ自体に違和感があるんだが、そこは全体的なエロさでカバーしてほしいと思う。

作者としてなんだかんだ不満点はあるが、買ってくれている人が今も結構いるので、作ってよかったなと思える。

さいごに

この作品の制作作業をFC2ライブでしていたのを今でも鮮明に思い出せる。
もう販売開始から3年経ったことに驚きを隠せない。

ブログも作ったことだし、これからBOOTHをメインにまた絵を販売したいと思っている。
基本CG6枚とかの、500円くらいの「CG集」も、DLsiteやDMMで販売してみたいと思うが、作るのにかなり時間がかかると思うし、途中でpixivなどに公開したくなりそう。

なのでまずは、コンスタントに絵を投稿できるようになってから、BOOTHで落書き集みたいなのを販売していきたい。

まぁそんな感じでした。
この記事見て、本CG「ふたなり目隠れ娘を触手責め」を欲しいと思った方は是非かってくだちい~!

おまけ:表紙画像の文字の書き下ろし

目隠れふたなり娘が変態触手にアナルを責められ尿道を責められメスキンタマをねっとりとマッサージされながらオナホでふたなりちんぽをごしごしとしごきあげられ無様にくっさいざーめんを吐き出し延々と快楽によじれてしまう!

販売サイト

CG集用に描いた絵ですが、線色などの統一性が取れなくなったため単体で販売致します。 目が隠れたふたなりキャラが触手で責められるシチュです(オナホ触手、アナル、玉責め、尿道)。 現時点ではモザイクではなく黒短冊による修正となります(予告なくモザイクに変更になる可能性があります)。 基本CGは1枚で、ストーリー差分含めて3…

投稿サイト

【告知】ふたなりCGを販売します! サンプル by 髭林おなもみ on pixiv

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加